多摩川を満喫しよう

狛江市は、東京の一番西側、多摩川に沿って位置する素晴らしい環境の街です。
北西側は調布市、南東側は二子玉川に囲まれ、小田急線沿線の日本で2番目に小さい市町村として、
コンパクトにまとまった市になってます。

春:五本松近辺の桜並木が特に素晴らしく、多くの人で賑わいます

夏:多摩川いかだレースが開催され、大勢の出場者、観客で賑わいます。仮装部門は毎年趣向を凝らしたチームが多く
  見ても参加しても楽しい大イベントです。
現在は、河川敷でのバーベキューは禁止されていますが、お弁当を食べたりして多くの人が広々とした空間を満喫しています。

秋:ススキが多く密生して、秋の風情を醸し出しています。秋空の下、緑地グランドでの野球を楽しむジュニアチームが多く、犬の散歩をする人、駅から遊びに来る人でとても活気のあるポイントです。

冬:空気がきれいで、澄んでいますから、遠くの富士山がとてもきれいに見えます。都心から小田急線に乗ってくると、狛江に来て視界が大きく広がり、自然の良さを実感できるエリアです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です